繰り返すダイエット失敗、意志の弱さに乾杯

食べることが大好きだ。
その時点で自分には厳しいダイエットは無理だと気づくべきだった…。
22歳の時、長女を出産。
産後付きに付きまくった身体中の贅肉を取ろうと必死になるものの、子育てのストレスや寝不足、ろくに外に出れない生活が続くと自然と食に欲がいく。。
それでも自分を戒めて、必死に食らいつく。
旦那が目の前でそれはそれは美味しそうに食べるのを横目で必死に流しつつ、もめん豆腐とキュウリを食べる。
なんとかお腹を太らせるように水分を摂る。
履くだけでスリムに!の言葉に負けて、加圧ストッキングとやらを買ったことも…。(今ではそのストッキングもどこへ行ったやら分からないが…。)
当然履くだけで痩せるはずもなく、虚しく毎朝体重計に乗る日々。
ほぼ1日家の中にいるため、たいした運動もできない、寝不足と疲れでやる気も出ない悪循環。そこで1回目のダイエット失敗。
2回目の挑戦はそれから1年後…。子育ては少し楽にはなったが、また新たな問題…という名の言い訳にすぎないが…。
子供の野菜嫌い問題。旦那に相談しても無関心。
子育てに悩む日々、ダイエットに奮闘、挫折する日々。
ダイエットしなければという気持ちはもちろん頭の隅にあったが、今は自分の事よりも子供の事を考えなければと…。
そうしてまた1年。
今までは専業主婦だったが、今では仕事を始めて生活環境もガラリと変わった。
仕事から帰れば家事が溜まりに溜まって座る暇もない。
子供を寝かしつけるまでノンストップだ。
そうした生活を続けているとついに!数キロだが産前の体重に戻ることを成功した!
果たしていったいあの辛い豆腐とキュウリ生活はなんだったのだろうか…。