歯医者の予約にネットを活用

どんな治療でもそうですが、インプラント治療で重要なことは自分にとって一番良い治療をしてくれる歯科医を見つけることです。
独特の技術を要する治療なので、その腕はもちろん、手術に至るまでの検査や治療、術後のアフターケアなどの点で全ては歯科医の裁量にかかっており決定的な違いが出てくると考えられます。
この治療は、歯科医の技量による治療の成否が出やすい治療法とされています。

歯科医選びに全力を尽くすことがインプラントを快適に使えるかを決めるのです。

 

インプラントについて、簡単に説明すれば虫歯や歯周病、外傷などで失った歯の人工歯根をあごの骨に埋め込んで、その上に義歯をかぶせる人工歯づくりを指します。インプラントはブリッジや入れ歯とは全く違う治療法です。インプラントだと歯の根元が骨に埋まっているので違和感が比較的少なく、手入れしながら、長い期間使うことができます。
インプラント治療には健康保険が全く適用されないので、保険適用の治療より高額になることを覚悟してください。

入れ歯の装着に違和感があるという方、または入れ歯そのものに抵抗感があるという方に選択肢としてインプラント治療があります。チタン製の人工歯根をあごの骨に埋め込む手術をして、それから人工歯をつけるため、ほぼ全て自費診療になるため高くつきますが、入れ歯よりも周りにわかりにくく、自分の歯と同じように使えるので、食事も美味しいと思えます。義歯でも、見た目や使用感を求められるなら、何といってもインプラントです。インプラント治療はかなりの技術を要するので、失敗のリスクをゼロにすることはできません。どのような失敗が考えられるかというと、人工歯根、もしくは、上部体(義歯)が脱け落ちる、壊れてしまうといったインプラント本体に生じた問題、手術の後、あご周りの痛みや腫れが続くといった身体に関する問題、手術に失敗してあごのラインが変わってしまったという外見が損なわれる可能性もあります。このような危険をできるだけ避けるために、くれぐれも実績のある歯科医を選ぶようにしましょう。歯を抜いたところにも人工歯を装着できて便利なのがインプラントです。しかし、他の治療法と同様、注意すべき点があります。それは何より、インプラント治療を受けることができないケースもあるということです。インプラント治療をご検討の方は知っておいて下さい。
インプラント手術では、まず顎の骨に穴を開けて人工歯根を埋め込む必要があります。抵抗力を弱める病気、例えば糖尿病や心臓の病気に罹患している方や、インプラントを埋め込む顎の骨が既に減ったり無くなったりしている場合も、インプラントの利用が不可能と診断される場合があることに留意してください。インプラントは人工歯なので当然、虫歯にはなりませんが、インプラント周囲の組織に異常が起こることはあります。インプラント治療そのものが終わっても、アフターケアは大事で、歯周病を予防するために、毎日のセルフケアと定期検診はずっと続きます。
しかし、インプラントを入れたところに腫れや出血がみられた場合、歯周病の一種、インプラント周囲炎かもしれません。

 

感染が重篤化する危険性があるので即刻診断を受ける必要があります。

 

インプラントは、人工歯根と義歯をアバットメントで接続するものですが、一種類だけではなく、部品の接続形態によって数種類の分類があり、患者さんの健康状態などに応じて使い分けられます。
人工歯根とアバットメントが一体型で、一回法の施術に用いられる1ピース・インプラントと呼ばれるタイプと、これらが別パーツになっている2ピースタイプがあり、こちらの方がメジャーです。
この2ピースタイプはさらに、人工歯根とアバットメントのプラットフォーム(接続部)の形状により、結合部分が凸面になっているエクスターナル・コネクションと、凹面になっているインターナル・コネクションに分かれますが、インターナルタイプの方が最近はメジャーになっています。
いろいろな事情からインプラント治療を始めるでしょうが、治療にかかる費用は気がかりでしょう。

ちょっと調べればわかりますが、治療費は地域や、歯科医によって差があると考えるべきです。この治療はほとんど保険が適用されず、自由診療のため歯科医院の裁量で、治療費を決められるのです。それでも、どの歯科医院でも同じような材料や薬剤を使っているので、相場がだいたい決まってきます。

 

インプラント一本を埋め込んだ場合、30万円から50万円くらいがおおよその相場と考えてください。

残念ながら、インプラント治療は保険は適用されず、全額自己負担の自費診療です。
医療費控除は受けられるので、覚えておきましょう。

 

確定申告することではじめて、医療費控除の対象になりすでに収めた税金を取り戻す申告をします。

医療費控除を受けようとすれば治療のたびにもらっている領収書が支払いの証拠となるため絶対再発行されないと肝に銘じておき、暦年単位で、大事に保管しておきましょう。手術が成功し、義歯が使えるようになってインプラント治療が終了しても定期的に歯科医に診てもらう必要があるため維持費がかかることを知っておきましょう。

使用に問題がなくても、三ヶ月に一度のペースで定期検診に通うことを指示されます。

 

メンテナンスを受けるごとに支払う料金は保険がきく治療がほとんどなので、三千円程度かかることが多いです。特に異常が起こらない限り、年に1万円か2万円のお金がかかると見積もっておきましょう。